■現在位置 : HOME会社概要 > 八木澤商店スタッフ紹介

八木澤商店スタッフ紹介

営業部・営業企画・店舗

ミッシー
営業部 営業課長
平成9年入社。

関東方面の営業を担当。スマートフォンナビを片手に、東京あちこちをウロウロ(笑)。以前味付ぽん酢柚子を製造していただけに「(値段)ちょっと高いけど、(商品)自信ある。」とイベントなどで多売。
八木澤商店のヒット商品 味付ぽん酢柚子 秘話。
数年前に味付ぽん酢柚子の原料に使用している純米酢の調達がままならなくなり、メーカーをかえて作り続けて出荷しようということになったのですが、ミッシーだけは「俺はどうしてもイヤだ」と断固反対。
1年近く製造・出荷を止め、使い続けていた純米酢のメーカーさんから「純米酢、できました」との電話で製造再開。多分本人も覚えていない実話です。

タカマツくん
営業部 一本松店店長

営業と店舗担当。
口数が少ないのは「ミッシー課長に突っ込みを入れるために体力を温存しているんです。」・・・なるほどね。わかる、わかる。

キョーヘーくん

岩手県内(盛岡、北上など)の都市部を担当。震災で唯一残ったあかむらさき色のトラックに乗ってお客様のもとへ。
「ほんとうはスポーツトレーナーになりたかったんですよね。」
ほおぉ、そうなの?だから野球(スポーツ)をしている時は別人なのね。

アケミさん

口数はそんなに多くないけれど、いつでもイベント販売欠かせない要員。平成23年秋から営業部へ。
ひとつのことにガツガツいっちゃうタイプなので、営業も口数少なくガツガツまいります(?)。

おていちゃん

社員は彼女にいっぱい勇気づけられ、いっぱい助けてもらっている。
「製造部に彼女がいないと“いくらしょうゆ”がつくれない」と言うのは、営業ミッシーの弁。

震災後、おていちゃんは製造部から営業に異動。今はミッシーやタカマツ君のもとで、慣れないパソコン操作や事務に懸命に取り組んでいる。
仕事はがむしゃらで声もデカイ。
人間、いくつになっても成長できることを教えてくれたおていちゃん。
一緒にいると彼女のペースになぜかハマる、影響力大の女性である。

ミウラさん
2012年4月入社。

入社後すぐの1年間を東京の会社で修行し、2013年4月から、やっと八木澤商店にカムバック!
新卒入社だったのに、すぐに八木澤商店にきてもらえなくてごめんね。

今は店長として、日々の接客業務、店舗の在庫管理、仕入れ、通販対応など、多岐にわたって仕事をしています。

通販商品に同梱している月替わりのおたより「八木澤瓦版」も、一時ストップしていたのを、彼女が復活させてくれました!
ネットだけではお伝えできていない工場のみんなのこと、八木澤の出来事など、彼女の視点で切り取られていますよ。八木澤瓦版、楽しみにしていてくださいね。

ホシさん
平成24年4月入社。

おとなしくて「朝が弱くて夕方から意識がはっきりします」という彼女。おいおい・・・。
彼女のまわりだけ時間がゆっくりと流れているような雰囲気。
話し方も動作もゆっくり。緊張すると早口になるけれど(笑)。
丁寧に仕事をしてくれる、頼もしい一員です。

みなさま、よろしくお願いいたします。

せっちゃん

せっちゃんが八木澤に戻ってきました!
担当は一本松店で、毎日接客を楽しんでいます。
なんにでも興味を持って取り組むせっちゃんにもひとつだけ苦手なことが・・・。
一本松スタッフ:「レジお願いします」
せっちゃん:「絶対やりません・・・」
レジがちょっぴりハイテクで、近づこうとはしません。
スタッフも少々困り気味。

スーさん

彼女の名前に「す」という字は・・・ない。
年齢不詳。であったときから、写真のまま。
毎日ちょこちょこ所狭しと動き回る・・・・もとい、仕事する元気姉さんです。

はるみちゃん

仕事の細やかさはピカ一。商品を箱詰めするときは、それはそれは大事に梱包する。だから、ちょっとでも忙しいときなどに、みんなの商品取扱いがちょっとでも雑になると「こらーっ(怒)!」となる(笑)。
その気持ちも一緒にお客様に届くといいですね。

ページの先頭へ戻る